ホームシアター ブルーレイプレーヤー

デジタル家電 最新情報HOME |  当サイトについて |  プロフィール |  NEW ブログ |  相互リンク |  お問い合わせ

ホームシアターのブルーレイプレーヤー

パイオニア ブルーレイプレーヤー 最新情報

再生専用のブルーレイプレーヤーの紹介です。再生しかできないのでもったいない? と思うかもしれませんが、ブルーレイレコーダーなどの録画・再生兼用機 と比べると、格段に映像、音が違います。本格的なホームシアターシステムには、必須のアイテムです。 日本では、ブルーレイレコーダーが主流ですが、欧米ではブルーレイプレーヤーが主流です。 デノン、パイオニア、ソニーなどが参入しており、お手ごろな価格のモデルも発売されます。





ホームシアター ブルーレイプレーヤーの注目すべき機能

◆1080/24p出力対応

    テレビは1秒間に60コマの映像ですが、映画は1秒間に24コマの映像になって
    います。ブルーレイディスクでは、フルハイビジョンの1080p(プログレッシブ)
    で、1秒間に24コマの映像で収録することができます。
    24コマで収録することで、より映画館に近い映像を見ることができます。
    24コマでの出力機能がないと、60コマになってしまい、せっかくの映画館に近い
    映像ではなくなってしまいます。
  

◆ビットストリーム出力対応

    AVアンプで説明したとおり、ブルーレイディスクに収録可能な新しい音声規格
    ドルビーTrueHDなどを、AVアンプ側で復元(デコード)する必要があります。
    そのためには、ブルーレイプレーヤー側で復元(デコード)せず、圧縮されたまま
    のデーターをAVアンプへ送る必要があります。その方式が、ビットストリーム出力
    です。
  

◆HDMI ver1.3a対応

    ドルビー TrueHDなど、新しい音声規格はデータ量が非常に大きいため、
    光端子などでは伝送することができません。映像と音声を同時に伝送する
    ことができるHDMIケーブルで、ver1.3以上に対応している必要があります。
    HDMIver1.3以上では、フルスペックハイビジョン(1080p)やソニーが提唱
    する、より天然にちかい色表現が可能なxvYCC規格の映像を伝送することが
    可能です。HDMI ver1.3aは最新バージョンです。