デジタル家電 最新情報HOME |  当サイトについて |  プロフィール |  NEW ブログ |  相互リンク |  お問い合わせ

デジタルビデオカメラ

日立BDハンディーカム 最新のデジタルビデオカメラは、ハイビジョン画質(HD)です。
フルハイビジョン(フルHD)モデル(1,920×1,080)になりました。


記録メディアでは、数年前に主流だったDVテープはなくなりました。
長時間録画できるハードディスク(HDD)もなくなりました。
内臓メモリ+SDメモリーカード録画方式がほとんどです。





  

デジタルビデオカメラの記録方式、最新情報

  

◆AVCHD方式

    ソニーと松下電器が2006年5月に発表し、ハイビジョン映像をデジタルビデオカメラに
    録画するための規格です。圧縮効率の高いMPEG-4 AVC/H.264方式を使用します。


    記録メディアは、8cmDVD/BD(ブルーレイディスク)、ハードディスク(HDD)
    
メモリーカード(メモリースティック、SDカード)などがあります。
    頭だしが簡単で、上書きされることがありません。
    現在は、内臓メモリ+SDメモリーカード録画方式がほとんどです。


  

◆AVCHD Prpgressive

    AVCHD規格に、60p記録を追加した拡張規格。
    AVCHD Ver2.0であることを示しています。


  

◆AVCHD 3D/Prpgressive

    AVCHD規格に、3D記録と60p記録を追加した拡張規格。
    AVCHD Ver2.0であることを示しています。


  

◆HDV方式

    ミニDVカセットテープを使って、ハイビジョン映像を記録・再生する規格。
    画質が良いですが、頭だしが出来ず、上書きされてしまうことが難点です。
    現在、この方式はほとんどありません。


  

デジタルビデオカメラの記録メディア、最新情報

  

メモリーカード

    メディアもかなり安くなり、大容量メモリーカードも発売中。
    頭だし、編集、消去が簡単に行えます。
    メディアが小さいため、本体の小型化が可能です。
    現在は、内臓メモリ+SDメモリーカード録画方式が主流。
  

◆ハードディスク(HDD)

    大容量で長時間録画が可能。撮影時間を気にしなくて済みます。
    頭だし、編集、消去が簡単に行えます。
    データが一杯になると、データの取り出しや、消去が必要になります。
    ハードディスク(HDD)の分、本体の厚みや重量が増えます。
    現在、この方式はほとんどありません。
  

8cmBD(ブルーレイディスク)

    日立は、デジタルビデオカメラに、世界初のBDを採用しました。
    フルハイビジョンが最大で2時間録画できます。
    片面7.5GB。ブルーレイ(BD)レコーダーなどで再生できます。
    現在、この方式はほとんどありません。
  

◆8cmDVD

    2層式DVDを使用してのハイビジョン録画では、最大60分程度です。
    片面1.4GB、片面2層2.6GB、両面2.8GB。
    頭だし、編集、消去が簡単に行えます。
    メディアが大きいため、デジタルビデオカメラ本体も大きくなります。
    現在、この方式はほとんどありません。
  

◆DVテープ

    メディアが安く、60〜120分程度は録画できます。
    頭だしができなく、上書きされる心配もあります。
    AVCHDよりは、HDVの方が画質が良いです。
    現在、この方式はほとんどありません。




デジタルビデオカメラのメーカー別特徴、最新情報(業務用は除く)

  

◆ソニー

    日本国内では最大のシェアを誇り、DVテープをはじめ、DVD、メモリーカード、
    HDDなど、いろんなバリエーションを発売してきました。
    メモリーステックだけではなく、SDメモリーカーも採用。


    Sony Style(ソニースタイル)  ←ソニースタイルWebサイト

  

◆パナソニック

    ハイビジョンデジタルビデオカメラでは、メモリーカードを使用したAVCHD方式が
    中心です。顔認識、超小型化などもすすんでおり、売れ筋メーカーです。


      ←松下グループWebサイト

  

◆ビクター

    独自の録画方式を採用していますが、初めてフルHDモデルを
    製品化するなどして、技術力には定評があります。
  

◆キャノン

    キャノンのデジタルビデオカメラも売れ筋です。