デジタル家電 最新情報HOME |  NEW ブログ |  当サイトについて |  プロフィール |  相互リンク |  お問い合わせ

液晶テレビ

東芝 REGZA FH7000シリーズ 液晶テレビ

液晶テレビは、大型化が難しいと言われていましたが、今では かなり大型化が進み、サイズによるプラズマテレビとのすみ分 けはなくなってきました。少し前の液晶テレビは、32V型サイズ が中心でしたが、37V型、42V型、46V型へとシフトしてきています。 37V型、42V型は、40型へ変わってきています。

   液晶テレビは、LEDバックライトを使用した、省エネモデルが主流になってきています。
   一番安くコストパフォーマンスの良い32V型、高機能満載の40V型、これら2モデルが
   まず、選択の基準になってきています。
   37型、40型以上では、フルHD、倍速表示(120Hz)は当り前の機能ですが、
   32型では、コスト重視のため、搭載されていないモデルがほとんどです。
   液晶・プラズマテレビ 最新情報も参照下さい。






液晶テレビの特徴

   良い点:
    ・消費電力が圧倒的に少ない。
    ・明るい部屋、日の差しこむ部屋などで見ても、非常にきれい。
    ・小型から大型まで、サイズが豊富。

   悪い点:
    ・暗い部屋では、見づらい。
    ・視野角が狭い。(プラズマに比べると)
    ・多少動きに弱い。



液晶テレビの注目すべき機能、最新情報

  

◆LEDバックライト



    LEDバックライトにより、確実に省エネになりました。
    そして、画像が明らかにキレイになりました。
    LEDバックライト搭載モデルには、エッジ型、直下型の2種類あります。
    直下型は、エリア制御ができ、とても画像がキレイです。
    エッジ型は、非常に薄型にできるといったメリットがあります。


  

◆表面パネル



    ノングレア(光沢なし)、ハーフグレア(半光沢)、グレア(光沢あり)の3種類あります。
    光沢があると映像はキレイですが、照明などの映り込みがあります。
    光沢がないと、照明などの映り込みがありません。
    各メーカーにより違いますが、液晶テレビはノングレア(光沢なし)が主流でしたが、
    映像重視のハーフグレア(半光沢)、グレア(光沢あり)へ移行してきています。


  

◆外付けHDD(ハードディスク)対応



    市販の外付けHDD(ハードディスク)対応テレビが増えてきました。
    液晶テレビ同時に起動し、動きも早く、とても便利です。
    内臓のテレビチューナーの数に注意してください!1チュナーしかないモデルは、
    録画中は、録画番組と同じチャンネルしか見れません。
    ただし、外付けHDDで録画した番組は、基本的にそのテレビでしか視聴することができません。


  

◆BD(ブルーレイディスク)内臓



    BD(ブルーレイディスク)内臓により、レンタルしたBD、DVDを視聴することができます。
    BD(ブルーレイディスク)に直接録画できるため、HDDレコーダーが不要になり便利です。


  

◆フルHD



    37型以上のテレビでは、ほとんど標準の機能になりました。
    液晶テレビの画面に、1,920×1,080画素で表示できる機能。
    今までのHDに比べると、約2倍の密度でより細かく表示できます。
    大型画面になればなるほど、より実力が発揮されます。


  

◆倍速表示



    今までは、1秒間に60コマの表示でしたが、これを120コマで表示
    する技術です。メーカーによって、方式が異なります。
    液晶テレビは、早い動きに対しての残像感が問題でしたが、この機能
    によりかなりの残像感が低減されます。
    ソニーは、4倍速表示のモデルを出しています。