デジタル家電 最新情報HOME |  当サイトについて |  プロフィール |  NEW ブログ |  相互リンク |  お問い合わせ

メモリーカードの種類・特徴

  

◆SDカード

     1999年に東芝、松下、SanDiskの3社により発表されました。
     ファイルシステムFAT16を使用していた為、容量は最大で2GBです。
     カードの種類によって、読込み、書込みスピードが違います。
     値段が高いですが、高速タイプをお勧めします。著作権保護機能搭載。
     用途:デジタルカメラ、一眼レフデジタルカメラ、MP3オーディオなど
  

◆SDHCカード(SDカード)

     ファイルシステムFAT32を使用し、大容量化が可能になりました。
     最大容量32GB。著作権保護機能搭載。
     CLASSという規格があり、数字が大きいほど高速で、動画、連写向きです。
     用途:デジタルカメラ、一眼レフデジタルカメラ、デジタルビデオカメラなど
  

◆SDXCカード(SDカード)

     ファイルシステムFAT32を使用し、大容量化が可能になりました。
     最大容量2TB。著作権保護機能搭載。
     CLASSという規格があり、数字が大きいほど高速で、動画、連写向きです。
     用途:デジタルカメラ、一眼レフデジタルカメラ、デジタルビデオカメラなど
  

◆miniSD、microSD

     超小型のSDカードで、アダプタを使用するとSDカードとして使えます。
     用途:携帯電話、一部のデジタルカメラなど
  

◆コンパクトフラッシュ(CF)カード

     1994年、サンディスクが開発。形が大きいので、最近は、SDカードなどに
     代替されてますが、一眼レフデジタルカメラの高級機で使用されています。
     現在、最大32GB
     用途:一眼レフデジタルカメラの高級機
  

◆メモリースティックDuo

     1997年にソニーより発表された、メモリースティックの小型タイプ。
     Duoは、2000年4月に発表。現在、128MBのみ発売。
     用途:ソニー製のデジタルカメラ
  

◆メモリースティック Pro Duo

     メモリースティックの上位規格(大容量化)がProで、Pro Duoは
     その小型タイプ。著作権保護機能搭載。現在、最大32GB。
     用途:ソニー製のデジカメ・一眼レフデジカメ・デジタルビデオカメラなど
  

◆メモリースティック Pro-HG Duo

     メモリースティックPro Duoの高速転送を可能にしたタイプ。
     小型タイプのみです。著作権保護機能搭載。
     ソニー製のデジカメやビデオカメラも、SDカードが使えるようになりました。
     用途:ソニー製のデジカメ・一眼レフデジカメ・デジタルビデオカメラなど
  

◆メモリースティック マイクロ

     メモリースティックの超小型タイプ。
     用途:携帯電話
  

◆マイクロドライブ

     IBMが開発した、超小型のHDD(ハードディスク)。
     フラッシュメモリーの単価が下がり、大容量のSDHC、CFカードが発売されて
     いるため、使用用途は少なくなりました。消費電力も多いです。
     用途:一眼レフデジタルカメラ
  

◆xDピクチャーカード

     富士フィルムとオリンパスが開発した、デジタルカメラ専用メモリーカード。
     著作権保護機能なし。
     最近は、富士フィルムとオリンパスのデジタルカメラでも、SDカードに代替
     されてきており、必要度が低くなりました。
     用途:富士フィルムとオリンパスのデジカメ・一眼レフデジタルカメラ


  ※上記の規格は、SDカードシリーズに統一されつつあります。