デジタル家電 最新情報HOME |  当サイトについて |  プロフィール |  NEW ブログ |  相互リンク |  お問い合わせ

製造メーカーの話

     お店で購入する商品は、製造メーカーで作られています。その製造メーカーに
     いろんな電子部品メーカーが、商品の売り込みを行っています。あまりなじみが
     ないかもしれませんので、製造メーカーのことについて説明したいと思います。


     ソニー、松下、シャープなどのメーカーのことを、業界用語でセットメーカー
     呼びます。なぜ、そういう呼び方をするのかと言うと、それらのメーカーは、開発
     設計を行いますが、中身の部品はほとんど業者から購入していて、組立(セット)
     のみを行うことから、そう呼ばれています。


     購入部品は、CPU、システムLSI、メモリなどの半導体、基板、コネクタ、水晶、
     コンデンサ、抵抗、スイッチなどの電子部品から、外側の筐体、液晶、電源など
     多岐にわたります。当然、競合他社がたくさんあります。

初期モデルに不具合が多い理由

     だいたい1年くらい前から開発を行い、試作(*1)、量産試作(*2)というプロセス
     経て、量産(*3)に入ります。初期出荷分として、何千台(物によって違う)かを、
     一気に作りこみます。試作のときから出荷する前までに、いろんな動作確認を行い
     ますが、世の中にでて初めて分かる不具合が多いのも事実です。先ほど説明しま
     した電子部品なども、新製品に合わせ初めて採用されることも多々あります。


     不具合の原因はいろいろありますが、ソフト的なプログラム上の問題、ハード的な
     部品などの問題が考えられます。不具合が発生したら原因追求をして、改良を加
     えます。初期モデルが発売してから、だんだんと改良が加えられて進化していき、
     安定したモデルへ変わっているという訳です。大きな不具合はメーカーから発表
     されますが、小さな不具合は発表されない場合がほとんどです。
     

     *1)試作:数十台を手作業で組立て、問題点などのチェック行います。
     *2)量産試作:数百台をラインで組立て、動作などのチェックを行います。
     *3)量産:出荷するための製品を作る工程です。