販売後のCSについて(保証期間) 家電アドバイザー合格講座

販売後のCSについて(保証期間) 家電アドバイザー合格講座


家電量販店などで、家電を購入すると、保証書が付いています。

その保証書は、いつから保証が開始されるか意識したことがありますでしょうか。
家電量販店で働いている方であれば当たり前なのですが、「購入した日」から保証がスタートします。

エアコンなどのように、取り付けが数ヶ月先になる場合でも、「購入した日」から保証が開始されます。

そして、メーカーの保証期間は、通常1年間です。
家電量販店によっては、販売店独自の保証で、5年保証、10年保証になるものもありますが、メーカーの保証期間は、通常1年です。ですが、この「通常」と言うところがポイントで、試験で問われるのです。

パソコンモニターの液晶ディスプレイなどのように、保証期間が3年となっているものもあるのです。すべてのメーカー保証が、1年ではないというところも理解しておいてください。

では、すべての故障に対して保証されるのでしょうか?
通常、保証期間中に発生した自然故障を無償で修理するものです。使っているうちに、急に、テレビの電源が入らなくなったとか、ボタンが効かなくなったなどです。

火災、地震、水害、落雷、公害や、水濡れ、水没、落下等による故障などは、保証対象外です。製品に付属している、電池やエアコンのフィルターなどの消耗品も保証対象外です。

家電マニアで、元家電のメーカーにいた身からすると、1年以内に故障した商品は、また、壊れる可能性が高いです。家電の当たり外れというやつです。なぜだか、部品との相性も悪いです。何度も修理に出すお客様は、2度目か3度目あたりで、ぶちキレます。当然、私も同じです。無償で修理されるといっても、修理に出している期間は、手元に家電がない(代替機を貸してくれる場合もありますが)わけですし、出張修理に来てもらう場合でも、電話してすぐ次の日に来てくれる訳ではありません。

何度も故障する家電に関しては、メーカー側も、無償で交換すべきだと思っています。修理に関しては、家電量販店は対応するだけで、権限はありませんからね。故障が多く、修理の対応が悪いと、ほぼ100%近く、次から他のメーカーの家電に切り替わります。その方が、損害だと思います。私は。iPhoneなどは、故障すると修理というよりは、新品に交換されて戻ってきますので、理にかなっています。

<用語集です>
メーカー保証書:
企業が独自に品質を保証する規定のこと。

保証期間:
顧客が購入した商品について、事業者が保証を行う期間。保証内容は保証書などに規定されている。一般には、自然故障を無償で修理する期間を指す。家電の場合は、通常、1年である。中には、パソコンモニターの液晶ディスプレイなどのように、保証期間が3年となっているものもある。保証期間は、商品購入日からスタートする。

延長保証:
顧客獲得のためのサービスの一環として、延長保証制度を設定していることがある。例えば、テレビは5年、冷蔵庫やエアコンは、10年など。無料で加入できるものもあれば、追加でポイントの5%が必要など、様々である。

保証期間の異なる部分:
パソコンモニターの液晶ディスプレイ保証期間が3年となっていても、パネルおよびバックライトについては1年とただし書きがされていることがある。また、製品付属の電池など、消耗品については保証に含まれないのが普通。

保証対象外:
保証とは、保証期間中に発生した自然故障を無償で修理するもので、通常、次のようなケースは除外される。火災、地震、水害、落雷、公害や、水濡れ、水没、落下等による故障など。製品に付属している、電池やエアコンのフィルターなどの消耗品は、保証対象外である。

最短合格e-ラーニング講座・問題集

さらに詳しく「家電製品アドバイザー試験」について学んでみたい人のために、e-ラーニング講座と問題集(基礎・応用)を用意しています。ぜひ、ご活用ください!!