住宅用火災報知器 家電アドバイザー試験

住宅用火災報知器 家電製品アドバイザー試験


火災報知器とは、感知器によって火災を感知、もしくは火災を発見した人が発信機を操作することで警報を発したり、消防機関に通報する機器のことです。

住宅にも火災報知器の設置が義務づけられています。

住宅用火災報知器とは、火災報知機の一種で、主に一般住宅に設置されるものです。火災のとき、煙や熱を感知して音声やブザー音で警報する警報器です。天井に取り付ける場合、エアコンの風の吹出口から、1.5m以上離して火災警報器の中心がくるように取り付ける必要があります。

この「1.5m」という数字、ポイントです。

実は、住宅用の火災報知器は、設置が義務づけられている部屋とそうでない部屋があります。
義務づけられている部屋は、寝室です。寝室に使用する部屋の天井又は壁に設置しなければなりません。これは、普段、就寝している部屋のことで、主寝室以外にも、子供部屋なども含まれます。

寝室のある階の階段の踊り場の天井又は壁にも設置が必要です。

市町村条例により、台所の天井又は壁に設置義務を設けているところもありますが、消防法では、義務づけられてはいません。

寝室、台所の違いは、よく出題されています。

最短合格e-ラーニング講座・問題集

さらに詳しく「家電製品アドバイザー試験」について学んでみたい人のために、e-ラーニング講座と問題集(基礎・応用)を用意しています。ぜひ、ご活用ください!!