【動画用語集】ビデオスピードクラス 家電製品アドバイザー AV家電情報

【動画用語集】ビデオスピードクラス 家電製品アドバイザー AV家電情報


◎ビデオスピードクラス


スピードクラス:
SDメモリーカードには「SDスピードクラス」と「UHSスピードクラス」と「ビデオスピードクラス」の3つがある。一定の速度でカードに書き込む際に必要な最低転送速度を、わかりやすくマークで表した規格のこと。

SDスピードクラス:
クラス2が2MB/sまで、クラス4が4MB/sまで、クラス6が6MB/sまで、クラス10が10MB/sまでのスピードを保証している。クラス2は②、クラス10は⑩のロゴとなる。

UHSスピードクラス:
UHSスピードクラス1(10MB/s)と、UHSスピードクラス3(30MB/s)の2つです。ロゴは、Uの文字の中に、1か3の文字が入っている。カードと使用機器の両方が対応していれば、高速のパフォーマンスが得られる。

ビデオスピードクラス:
4K動画はもちろん8K動画・360度映像の記録にも対応できる次世代のクラス。保証速度によって、V6(6MB/s)、V10(10MB/s)、V30(30MB/s)、V60(60MB/s)、V90(90MB/s)の5つがある。

あなたの街へ出張授業

家電製品アドバイザー試験・スマートマスター試験対策講座として、ご依頼のあったお客さま先に出向き直接授業をいたします。授業、問題練習・模擬試験など、対応が可能です。