【動画用語集】多段階評価制度 家電製品アドバイザー CS法規

【動画用語集】多段階評価制度 家電製品アドバイザー CS法規


◎多段階評価制度


多段階評価制度:
対象製品の省エネ性能が、市場に供給されている機器の中でどこに位置づけられているかを表示する制度。エアコン、電気冷蔵庫、電気冷凍庫、テレビ、温水洗浄便座、蛍光灯器具(家庭用)の6品目が対象となっている。省エネの高い順から5段階の星印で表示される。星の数が多いほど省エネ性が高い。

統一省エネルギーラベル(統一省エネラベル):
家電製品の「省エネルギー性能を星の数(多段階)」で表し、併せて、「省エネルギーラベル」と「年間の目安電気料金」を表示するラベル。販売店の製品本体またはその近くに表示するもの。エネルギー消費の多い、エアコン、電気冷蔵庫、電気冷凍庫、テレビ、温水洗浄便座、蛍光灯器具(家庭用)の6品目が対象となっている。
省エネ法によって、小売業者に、消費者に対して製品の省エネに関する情報を提供する情報を提供する努力義務が果たせられた。

あなたの街へ出張授業

家電製品アドバイザー試験・スマートマスター試験対策講座として、ご依頼のあったお客さま先に出向き直接授業をいたします。授業、問題練習・模擬試験など、対応が可能です。