HDMIケーブル プレミアムハイスピード 家電アドバイザー合格講座

HDMIケーブル プレミアムハイスピード 家電アドバイザー合格講座


ほとんどの人が何気なしに使っているHDMIケーブルですが、規格(バージョン)があります。

新しいテレビやレコーダーを購入した際は、4K、HDRなど、最新の映像を伝送するためにも、自宅にある古いHDMIケーブルではなく、プレミアムハイスピードを新しく購入して使うことをオススメします。Ultra HD Blu-RayのHDR映像の映像信号を送るためにも、通信速度18Gbpsのプレミアムハイスピードタイプを使用したいですね。

HDMIケーブルには、3つの規格(バージョン)があります。

HDMIケーブル(スタンダード):
通信速度4.95Gbps、HDMI Ver.1.2、解像度は1920×1200、60pに対応。

HDMIケーブル(ハイスピード):
通信速度10.2Gbps以上。Ver.1.3、Ver.1.4。Ver.2.0で通信速度18Gbps、3840×2160、60p、4Kに対応。

HDMIケーブル(プレミアムハイスピード):
Ver.2.0aで、通信速度18Gbps、3840×2160、60p、4K、HDRに対応。Ver.2.1で、通信速度48Gbps、8Kに対応。Ultra HD Blu-RayのHDR映像の映像信号にも対応している。

 
<用語集>
HDMI:
テレビとBD/HDDレコーダー、ゲーム機などの間を接続する際に用いられる、映像や音声を1本のケーブルにまとめて送ることのできる通信規格。デジタルインターフェイス。

HDMIケーブル:
テレビとBD/HDDレコーダー、ゲーム機などの間を接続する際に用いられるケーブル。通信速度によってスタンダード・ハイスピード・プレミアムハイスピードの3種類がある。対応バージョンで選ぶこと。

あなたの街へ出張授業

家電製品アドバイザー試験・スマートマスター試験対策講座として、ご依頼のあったお客さま先に出向き直接授業をいたします。授業、問題練習・模擬試験など、対応が可能です。