【動画用語集】超高齢社会 家電製品アドバイザー CS法規

【動画用語集】超高齢社会 家電製品アドバイザー CS法規


◎超高齢社会


高齢化率:
日本の総人口にしめる65歳以上の高齢者人口の割合。2020年版高齢社会白書によると、2019年10月1日現在、65歳以上の高齢者人口は、3,589万人で、高齢化率は28.4%である。高齢化率が7%を超えると「高齢化社会」、14%を超えると「高齢社会」、21%を超えると「超高齢社会」と呼ばれている。
高齢化率は今後も上昇し、2065年に2.6人に1人が65歳以上、約3.9人に1人が75歳以上の高齢者となる社会が到来すると推計されている。

高齢化率が
・7%を超えると「高齢化社会」
・14%を超えると「高齢社会」
・21%を超えると「超高齢社会」

と呼ばれている。

高齢者のいる世帯:
2018年現在、65歳以上の高齢者のいる世帯は、2,492万7千世帯で、全世帯の48.9%を占めるまでになった。

家電アドバイザー最短合格講座・問題集

さらに詳しく「家電製品アドバイザー試験」について学んでみたい人のために、e-ラーニング講座と問題集(基礎・応用)を用意しています。ぜひ、ご活用ください!!