レーザープリンターについて 家電製品アドバイザー AV情報家電

レーザープリンターについて 家電アドバイザー試験


レーザープリンターは、高価なものでした。ビジネス(事務所)では、コピー機とレーザープリンターがセットになった複合機を使うことが多かったです。

今は、個人事業主も増えてきましたし、わざわざコーピー機を買う(リースする)までもない人向けに、レーザープリンターの需要が増えてきました。しかも、値段はかなり安くなりました。

レーザープリンターは、印刷が早く、文字がにじまないことなどの利点があります。ビジネスでは欠かせません。スモールビジネスをしている私には、レーザープリンターがとても重宝しています。

レーザープリンターは、インクジェットプリンターと構造が違います。
用紙にトナーを転写させるドラムである感光体に レーザーを使って印刷イメージを描き、そこに粉末状のトナーを付着させて、そのトナーを出力用紙に転写し、加圧により定着される方式です。

レーザープリンターで、青緑(シアン)、赤紫(マゼンタ)、黄(イエロー)の3色と、黒(ブラック)の計4色の「トナー」を使って印刷するものです。ポイントは、「トナー」です。

インクジェットプリンターとともに、理解しておきましょう。

あなたの街へ出張授業

家電製品アドバイザー試験・スマートマスター試験対策講座として、ご依頼のあったお客さま先に出向き直接授業をいたします。授業、問題練習・模擬試験など、対応が可能です。