免税店シンボルマーク 家電製品アドバイザー CS法規

免税店シンボルマーク 家電製品アドバイザー CS法規


上記の画像は、「免税店シンボルマーク」です。観光庁HPより。

いたるところで、このマークを見るようになりました。かなり浸透してきています。このマークがお店の前にあると、分かりやすいですね。

免税店シンボルマークは、免税店としての許可を得ていたとしても、無断で使用することはできず、許可が必要になります。

免税店とは、正しくは「輸出物品販売場」のことを指します。外国人旅行者などのための「消費税」を免除する販売店のことです。
&nbsp

免税店シンボルマーク:
シンボルマークを店頭等に掲示することにより、日本の免税店についての外国人旅行者からの識別性を向上させ、外国人旅行者の利便性を高めることを目的としている。観光庁のホームページにある免税店シンボルマーク申請サイトで申請できる。特別なカウンターを設置する必要はない。

免税手続きカウンターシンボルマークとは、微妙にマークが違います。

あなたの街へ出張授業

家電製品アドバイザー試験・スマートマスター試験対策講座として、ご依頼のあったお客さま先に出向き直接授業をいたします。授業、問題練習・模擬試験など、対応が可能です。