カメラのHDMI端子について フォトマスター検定

カメラのHDMI端子について フォトマスター検定


上記写真(下側の端子)にあるように、縦長の端子は、HDMI端子といいます。

HDMI端子で、テレビとカメラを接続すると、
フルハイビジョンのテレビには、1920×1080画素で表示されます。
4Kテレビには、3840×2160画素で表示されます。

※テレビは16:9で、写真は4:3ですので、サイズの違いがあります
※テレビ画素数以上のサイズで撮影した場合です

HDMI端子が登場してからだいぶ経過していますので、ご存じの方も多いと思います。家電好きの方は、必須のアイテムですね。映像と音声を1本のケーブルで転送するものです。バージョンでの違いはありますが、転送スピードは早いです。

今は、USB端子のスピードもかなり速くなりましたが、映像の転送にはHDMI端子がベストです。BDレコーダーとテレビ、パソコンとプロジェクターとの接続では、当たり前のように使用されています。

フォトマスター検定合格講座

さらに詳しく「フォトマスター検定」について学んでみたい人のために、e-ラーニング講座を用意しています。ぜひ、ご活用ください!!