ストロボのGN(ガイドナンバー)について フォトマスター検定

ストロボのGN(ガイドナンバー)について フォトマスター検定


ガイドナンバー(GN)とは、フラッシュの出力を表す単位のことです。

当然、出力の単位が大きい方が、遠くまで届きます。と言っても、何十メートル先まで届くわけではありませんが。
どれだけの距離までストロボを使いたいかによって、購入する商品(ストロボ)が変わってくるでしょう。

<計算方法>
ガイドナンバー(GN)=距離(m)×絞り値(F値)

例えば、「ガイドナンバー 12」の製品を使ったとします。絞りは「F4」で撮影するとします。ここでは、「ISO感度100」として考えます。

ガイドナンバー 12
絞り F4
ISO 100

上記の式に当てはめると、「3m」の距離まで撮影できることになります。
ISO感度を上げれば、より遠くまでストロボを使って撮影可能です。フォトマスター検定の準1級、1級から問われるようになります。ページ下部のリンクをご覧ください。

当然、明るいレンズ(高価ですが)を使用すれば、届く範囲も変わります。
一眼レフカメラに内蔵されているストロボは、「ガイドナンバー 12」くらいです。外付けのクリップオンストロボは、「ガイドナンバー 28~34」くらいです。

カメラによっては、内蔵ストロボが付いていないものもありますので、内蔵ストロボは一部の初心者しか使わないのかもしれません。

ストロボのGN(ガイドナンバー)とISO感度の関係 フォトマスター検定

フォトマスター検定合格講座

さらに詳しく「フォトマスター検定」について学んでみたい人のために、e-ラーニング講座を用意しています。ぜひ、ご活用ください!!