電力システム改革について スマートマスター

電力システム改革について スマートマスター


電力システム改革とは、「電力の安定供給の確保」「電気料金の最大限の抑制」「電気利用の選択肢や企業の事業機会の拡大」の3つが目的となっています。。

電力システム改革は、第3段階の時期です。これで、大きく変わります。

第1段階は、地域を越えて電力を融通しやすくする(2015年4月)

第2段階は、企業や一般家庭向けの電力小売りを全面自由化(2016年4月)

第3段階は、電力会社の送配電部門を別の会社に分離して公平に利用できるようにする。小売電気料金の規制が原則撤廃される。小売料金の自由化(2020年4月)

第2段階の電力小売りの自由化によって、電力会社以外のガス会社、携帯電話会社、石油販売会社など、いろいろなところから購入できるようになりました。購入する側は、電力が安く購入できるようになります。電気代が安いからといって、「電力が安定」しないなどの問題はありません。

第3段階の小売料金の自由化によって、大きく変わります。

電力自体が、太陽光発電システム、風力発電などの自然エネルギーでまかなえるようになってしまうと、今まで独占的に守られてきた電力会社は、価格の競争力で負け、電力を安定供給するだけの会社になってしまうかもしれませんね。

スマートマスター最短合格講座

さらに詳しく「スマートマスター試験」について学んでみたい人のために、e-ラーニング講座を用意しています。ぜひ、ご活用ください!!