【動画用語集】遠赤外線 家電製品アドバイザー 生活家電

【動画用語集】遠赤外線 家電製品アドバイザー 生活家電


◎遠赤外線


<用語説明>
放射熱:
物体によって吸収されて、その物体の温度上昇に使われた放射エネルギー。

輻射熱:
遠赤外線の熱線によって直接伝わる熱。

赤外線:
可視光線の赤色より波長が長く、電波より波長の短い電磁波のこと。ヒトの目では見ることができない光。近赤外線、中赤外線、遠赤外線がある。

近赤外線:
皮膚表面から数㎜の深さまで浸透することから指や手のひらの静脈模様を調べる静脈認証などに応用されている。テレビやエアコンのリモコンや赤外線カメラ、暗視装置などにも使われている。

遠赤外線:
皮膚の下0.2mmくらいでほとんど吸収され熱になる性質がある。

家電アドバイザー最短合格講座・問題集

さらに詳しく「家電製品アドバイザー試験」について学んでみたい人のために、e-ラーニング講座と問題集(基礎・応用)を用意しています。ぜひ、ご活用ください!!