【動画用語集2】1次キャッシュメモリ AV情報家電 家電製品アドバイザー

1次キャッシュメモリとは AV情報家電 家電製品アドバイザー


◎1次キャッシュメモリとは


パソコンの1次キャッシュメモリについて

キャッシュメモリ:
コンピュータの処理速度をあげる目的で、CPU(中央処理装置)とメインメモリー(主記憶装置)の間に取り付けられる小型のメモリー(記憶装置)のこと。CPU内に設置されていることが多い。CPUに近い順から、1次キャッシュ、2次キャッシュ、3次キャッシュとなる。1次キャッシュが最も高速。いずれも、メインメモリより高速である。
キャッシュメモリに、使用頻度の高いデータを蓄積しておくことで、低速なメインメモリ(主記憶装置)へのアクセスを減らすことができ、処理を高速化することができる。

家電アドバイザー最短合格講座・問題集

さらに詳しく「家電製品アドバイザー試験」について学んでみたい人のために、e-ラーニング講座と問題集(基礎・応用)を用意しています。ぜひ、ご活用ください!!