エネファーム(燃料電池)について スマートマスター

エネファーム(燃料電池)


エネファーム(燃料電池)とは、
水の電気分解の逆の化学反応を利用することにより、空気中の酸素と都市ガスやLPガスなどから取り出した水素を化学反応させ、直流電池を作り出す化学電池です。

試験問題では、「水の電気分解と同じ化学反応を利用」と出てきますので、注意が必要です。

発電の時に出た熱を給湯に利用するため、エネルギーを無駄なく使え、音も静かで環境にやさしいシステムです。水道法上の水道水に対応しており、燃料電池の種類により、PEFC(固体高分子形燃料電池)、SOFC(固体酸化物形燃料電池)の2つの方式があります。

家庭で電気を使う時間帯と湯を活用する時間帯を学習して発電する時間帯が決められ、朝型、夜型など発電のタイミングを自動調整するので、それぞれの家庭のライフスタイルに合わせた省エネライフを実現できるものです。

あなたの街へ出張授業

家電製品アドバイザー試験・スマートマスター試験対策講座として、ご依頼のあったお客さま先に出向き直接授業をいたします。授業、問題練習・模擬試験など、対応が可能です。