建築物省エネ法の省エネルギー基準 スマートマスター

建築物省エネ法の省エネルギー基準

建築物省エネ法の省エネルギー基準(平成28年基準)は、住宅のエネルギー性能は、下記2つを用いて評価します。

1,住宅の外皮性能の評価基準(断熱性能及び日射遮蔽性能) 
2,設備機器等の一次エネルギー消費量基準(冷暖房、照明、換気、給湯、家電等)
 
1,住宅の外皮性能の評価基準(断熱性能及び日射遮蔽性能) 
外皮平均熱貫流率(UA値):
住宅の内部から、床、外壁、屋根や開口部などを通過して外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した値のこと。値が小さいほど熱が逃げにくく、省エネルギー性能が高い。住宅の各部位(屋根、天井、外壁、窓、床など)から、熱損失量の合計を外皮表面積で割った値。

平均日射熱取得率(ηAC値):
窓から直接侵入する日射による熱と、窓以外から日射の影響で熱伝導により侵入する熱を評価した、冷房期の指標。単位日射強度当たりの日射により建物内部で取得する熱量を冷房期間で平均し、外皮面積の合計で除した値。値が小さいほど住宅内に入る日射による熱量が少なく、省エネとなる。

2,設備機器等の一次エネルギー消費量基準(冷暖房、照明、換気、給湯、家電等)
冷暖房設備一次エネルギー消費量
換気設備一次エネルギー消費量
照明設備一次エネルギー消費量
給湯設備一次エネルギー消費量
その他(家電等)設備一次エネルギー消費量
 

スマートマスター最短合格講座

さらに詳しく「スマートマスター試験」について学んでみたい人のために、e-ラーニング講座を用意しています。ぜひ、ご活用ください!!