ホスピタリティ接客 家電製品アドバイザー CS法規

ホスピタリティ接客 家電製品アドバイザー CS法規


ホスピタリティ接客とは、お客様の記憶に残り、人に教えたくなるような「感動接客」となるために、おもてなしの心と、いたわりの心をもつ接客のことです。

接客の質が高いところは、超高級ホテル、CA(キャビンアテンダント)、ディズニーランド、高級なクラブ、高級な飲食店、高級な自動車販売店などがあります。どれも、価格が高いため、サービス料金にプラスされている感じもありますね。

家電量販店でそこまで質を求める必要がないのかもしれませんが、機械的で記憶に残らないよりは、記憶に残る接客の方がいいに決まっています。

記憶に残る接客を心がけたいですね。

<用語集>
接客:

前向きな姿勢で、お客様の質問や要望に応えることが大切。否定的・消極的な反応は、購買意欲をそいでしまう。

ホスピタリティ接客:
お客様の記憶に残り、人に教えたくなるような「感動接客」となるために、おもてなしの心と、いたわりの心をもつ。

TPO:
時(time)、所(place)、場合(occasion)に応じた服装や言葉などの使い分け。

おもてなし規格認証制度:
サービス産業の活性化と向上を目的として、サービス品質を「見える化」することによって、サービス事業者の活性化を促進する仕組みである。また、おもてなし規格認証レベルに段階をつけ、より高い認証の取得を促すことで、日本のサービス事業者のサービス品質向上を図っていくことを目指している。

家電アドバイザー最短合格講座・問題集

さらに詳しく「家電製品アドバイザー試験」について学んでみたい人のために、e-ラーニング講座と問題集(基礎・応用)を用意しています。ぜひ、ご活用ください!!