【動画用語集】ジャーポット 家電製品アドバイザー 生活家電

ジャーポット 家電製品アドバイザー 生活家電


◎ジャーポット


<用語説明>
ジャーポット(電気ポット):
水を沸かす加熱・保温装置つきの容器。内容器に水を入れ電源プラグを接続すると、自動的にヒーターに通電して湯を沸かし始める。お湯を少量ずつ何回かに分けて使いたい、一度沸かしたお湯を熱いままとっておきたいときに便利。

ジャーポットの検知:
本体底の温度センサーで水温を検知することで沸騰状態を検知している。蒸気センサーではない。

電気ケトル:
1分前後の短い時間でお湯を沸かせるのが特徴だが、保温機能がないため、残ったお湯が次第に冷めていってしまうという難点がある。Sマーク認証の付いた電気ケトルは、転倒による湯の流出防止のため、ふたにロック機能が備わっているが、転倒すると少量の湯は漏れるおそれがある。

あなたの街へ出張授業

家電製品アドバイザー試験・スマートマスター試験対策講座として、ご依頼のあったお客さま先に出向き直接授業をいたします。授業、問題練習・模擬試験など、対応が可能です。