容量の単位(G:ギガなど)について フォトマスター検定

容量の単位について フォトマスター検定


デジタルの容量の単位は、1Gのようにピッタリではなく、正確には1,024Mのように、少し端数が出ます。

これは、2進数で表しているからです。
2の1乗は、2
2の2乗は、4
2の3乗は、8
  ・
  ・
  ・
2の8乗は、256
2の9乗は、512
2の10乗は、1024

となります。

スマホ、SDカードの容量の変化は、必ず2倍ずつ増えていきます。
スマホでも128Gより、256Gが増えてきました。次は、512G、その次は1,024Gで1Tとなります。

G(ギガ)の前は、M(メガ)
M(メガ)の前は、K(キロ)

です。

G(ギガ)の次は、T(テラ)
となります。

要するに、カンマ(,)の位置を示しています。
1Gは、1,024,000,000(分かりやすく書くと)です。
024,000,000 の部分を略しています。

1.024Mは、000,000 の部分を略しています。

容量の単位:
1TB=1,024GB、1GB=1,024MB、1MB=1,024KB、1KB=1,024B

ちなみに、SDカードの64GB(ギガバイト)のG(ギガ)は容量の大きさで、B(バイト)は、データ量あるいは情報量の単位です。

フォトマスター検定合格講座

さらに詳しく「フォトマスター検定」について学んでみたい人のために、e-ラーニング講座を用意しています。ぜひ、ご活用ください!!