A2DPプロファイル(Bluetooth) 家電製品アドバイザー AV情報

A2DPプロファイル(Bluetooth) 家電製品アドバイザー AV情報


最近は、ワイヤレスのヘッドホンが流行です。音も格段に良くなり、スマホの進化とともにバリエーションが増えました。

無線通信に、近距離用無線通信であるBluetoothを使っています。それが、Bluetoothヘッドホン(イヤホン)です。

家電製品アドバイザーを目指すのであれば、もう一歩、深く知る必要があります。

いい音でやり取りするためには、「A2DP」というプロファイルに送信側、受信側が対応していなければなりません。プロファイルと、A2DPについて説明しますね。

プロファイル:
Bluetoothをその機器でどう使うかを定義したもの。送信側、受信側が同じプロファイルに対応していないと利用できません。「HSP」「HEP」「A2DP」などがあります。

A2DP(Advanced Audio Distribution Profile):
Bluetooth搭載ヘッドセットと通信するためのプロファイル。音声をステレオで伝送するためのプロファイル。標準の音声圧縮方式(コーディック)である「SBC」のほかに、より高音質の「AAC」「aptX」「aptX HD」「LDAC」などの音声圧縮方式に対応しています。

要するに、Bluetoothで通信するための決め事がプロファイルで、Bluetoothを使ったワイヤレスヘッドホンのプロファイルがA2DP(Advanced Audio Distribution Profile)だということです。

いい音で通信するためには、どうしてもデータ量が大きくなってしまいます。ワイヤレス(無線)ですので、データ伝送など、発信側と受取り側のやり取りが大変です。そのため、音声データを圧縮して、小さくして送ります。その圧縮方式をコーディックといい、いくつかの方式があります。

現在、Bluetoothヘッドホン(イヤホン)で使用されているのは、「AAC」「aptX」「aptX HD」「LDAC」あたりです。この説明は、後日!

<用語集>
HSP(Headset Profile):
Bluetooth搭載ヘッドセットと通信するためのプロファイル。音声は、モノラル。

HEP(Hands-Free Profile):
Bluetooth搭載ヘッドセットと通信するためのプロファイル。HSPの上位規格。車内やヘッドセットでハンズフリー通話を実現するためのプロファイル。音声は、モノラル。

スマートマスター最短合格講座

さらに詳しく「スマートマスター試験」について学んでみたい人のために、e-ラーニング講座を用意しています。ぜひ、ご活用ください!!