【動画用語集】キャッシュメモリ 家電製品アドバイザー AV情報

【動画用語集】キャッシュメモリ 家電製品アドバイザー AV情報


◎キャッシュメモリ


<用語説明>
キャッシュメモリ:
コンピュータの処理速度をあげる目的で、CPU(中央処理装置)とメインメモリー(主記憶装置)の間に取り付けられる小型のメモリー(記憶装置)のこと。CPU内に設置されていることが多い。CPUに近い順から、1次キャッシュ、2次キャッシュ、3次キャッシュとなる。1次キャッシュが最も高速。いずれも、メインメモリより高速である。

CPU:
中央演算装置の略称。プログラムに従ってデータの処理を行う。パソコンなどの「頭脳」に相当する。

あなたの街へ出張授業

家電製品アドバイザー試験・スマートマスター試験対策講座として、ご依頼のあったお客さま先に出向き直接授業をいたします。授業、問題練習・模擬試験など、対応が可能です。