【動画用語集】Wi-Fi規格一覧 家電製品アドバイザー AV情報家電

Wi-Fi規格一覧 家電製品アドバイザー AV情報家電


◎Wi-Fi規格一覧


<用語説明>
Wi-Fi
無線LAN機器が標準規格であるIEEE 802.11シリーズに準拠していることを示すブランド名。主に、無線LANのことを指している。

IEEE802.11ac(Wi-Fi5)
2014年からスタートした最新の無線LANの規格。周波数は、5G帯を使用。規格上の最大転送速度は約6.93Gbpsである。通信の高速化のため、機器間の無線通信のストリーム(伝送路)数を最大で8ストリームとし、さらにチャンネル帯域幅を最大160MHzまで拡大するチャンネルボンディングの技術などを採用している。

IEEE802.11ax(Wi-Fi6)
2019年に認証が始まった最新の無線LAN規格。2.4GHz/5GHz帯の両方をサポートし、約9.6Gbpsの最大伝送速度で通信できる。
MU-MIMO(Multi User MIMO)という技術が進化したことで、高速通信できる最大同時接続数が、4台から8台へ増えている。High-Efficiency Wirelessという技術で、ユーザーが増えても通信速度が落ちにくくなっている。TWT(ターゲットウェイクタイム)という技術により、通信の際の電力消費が抑えられている。

あなたの街へ出張授業

家電製品アドバイザー試験・スマートマスター試験対策講座として、ご依頼のあったお客さま先に出向き直接授業をいたします。授業、問題練習・模擬試験など、対応が可能です。