フォトマスター検定 難易度と合格率を上げる勉強方法!

フォトマスター検定 難易度と合格率を上げるには


フォトマスター検定とは、写真好き・仕事関係者のための基礎資格です。3級、2級、準1級、1級の資格試験4階級があります。1級を除くと、そんなに難しい資格ではありません。3級で(85%程度)、2級で(70%程度)、準1級で(35%程度)、1級で(25%程度)の合格率です。

写真が上達したくて、受験する方もいれば、家電量販店のカメラコーナー、カメラの販売店、カメラメーカーなど、肩書きに箔をつけるため、受験する方もいます。

カメラマンなど、写真撮影が主な仕事の人でも、準1級、1級あたりの受験をするのであれば、過去問を解くなど、試験勉強をしておいた方がいいです。写真が趣味、写真が好きというレベルでは、テキストを読んだり、過去問を解いておかないと、合格率が高い3級、2級あたりでも、ギリギリかもしれません。

マニアックな検定試験ですので、過去問は、フォトマスター検定事務局で販売している過去問を買うか、Amazonなどで参考書・過去問(1つしかない)を買うしかありません。こちらは、東京、大阪、名古屋などの駅前の大型書店でも、ほとんど売っていないです。

あとは、私が作成した「eラーニング講座」なども参考になるでしょう。詳細は、下記のリンクから。
>>フォトマスター検定 最短合格eラーニング講座の詳細はこちらから

 

フォトマスター検定 資格の概要


フォトマスター検定のは3級、2級、準1級、1級の資格試験4階級と、その上に属する、写真の達人として認定されるEXがあります。EXは、1級合格者のみが受験できます。EX以外は、経験・年齢などに関わらず、どの級からでも受験可能です。

各級とも、全体の7割程度で合格となります。

フォトマスター検定 3級
基本的な知識と技法を知り、趣味として楽しむレベル。
写真の基本を身につけたい初心者、スマホ撮影から上達したい人向け。

フォトマスター検定 2級
趣味を深めるレベル。中程度の知識と技法が試される。
中級レベルの写真技術を身につけたい人向け。趣味など、ある程度知識がある人は、2級からがオススメ。

フォトマスター検定 準1級
趣味を極めるレベル。上級の知識と技法が試される。
上級レベルの写真技術を身につけたい人向け。写真好きなど、知識がある人は、2級か準1級からがオススメ。

フォトマスター検定 1級
写真教室の指導者など、指導者を目指すレベル。
高度な知識が試される。カメラを販売する人は、1級まで持っておきたい。

フォトマスター検定 EX
1級合格者のみ受験可能。
写真の達人として認定されるためのコース。

 

フォトマスター検定 合格率

<合格率>
第16回(2018年度)

3級86.26%、2級74.67%、準1級40.67%、1級28.56%
第15回(2017年度)
3級90.60%、2級73.41%、準1級33.33%、1級26.09%
第14回(2016年度)
3級86.31%、2級70.38%、準1級24.70%、1級22.08%

試験は、年1回で、毎年11月の日曜日に開催されています。

午前 3級・準1級
午後 2級・1級

例えば、
3級と2級、2級と準1級など同時受験可能。

このような方にオススメです。
・写真・カメラ関連業界の営業職
・写真・カメラ関連業界の販売員
・写真・カメラ関連業界の事務職員
・家電量販店のカメラコーナーの方

・写真好きの方
・インスタグラムにはまっている方
・スマホ撮影だけでは物足りない方

・写真を学ぶ学校の学生
・デザイン・マスコミ業界を目指す人
・将来カメラマンを目指す人