空気清浄機について 家電製品アドバイザー・スマートマスター

空気清浄機について 家電製品アドバイザー試験


どこのご自宅にも、1台はある空気清浄機ですが、大きく分けて2つの方式があります。

機械式と電気式です。

機械式(空気清浄機)とは、
ファンで空気を吸い込み、その空気を集じんフィルター、脱臭フィルターに通すことで、花粉やホコリ、臭いを取り除く方式。ほとんどの空気清浄機が機械式を採用しており、集じん能力が高いためリビングや広い部屋などに向いています。ファン式ともいいます。

電気式(空気清浄機)とは、
ファンやフィルターを使わず、高圧放電して帯電させたホコリなどを電気の力を使って集める方式。イオン式ともいいます。

次世代と言って良いのか、「ジアイーノ」という次亜塩素酸 空間除菌脱臭機が出てきました。方式としては、電気式に似ています。

この2つ(機械式と電気式)を理解しておいてください。

新しい空気清浄機では、「自動おそうじユニット」を搭載した自動掃除機能を持った製品が出てきました。

自動掃除機能(空気清浄機)とは、
自動でフィルターを掃除してくれる機能。「自動おそうじユニット」が上下に動きながらブラシでプレフィルター(一番外側にあるフィルター)のホコリを取ってくれるものや、プレフィルターを動かして掃除するものがあります。除去されたホコリは、ダストボックスに集められます。ゴミ捨ては、年に1回程度で良いです。

ここでのポイントは、どのフィルターを掃除するかなのです。この自動掃除機能は、集じんフィルターではなく、プレフィルターであることに注意が必要です。掃除機でホコリを取る手間が省ける程度の便利さですので、何とも言えない感じはします。どうせなら、集じんフィルターを掃除して欲しいものです。

<その他の用語>

HEPAフィルター:
集じんフィルターの1つ。空気中のチリやゴミを取り除く高性能フィルター。日本工業規格(JIS)では、「定格風量で0.3μm(マイクロメートル)の粒子の除去率が99.97%(パーセント)以上」のものと規定される。風量も大事な要素となるため、現在の空気清浄機の主流フィルターである。

あなたの街へ出張授業

家電製品アドバイザー試験・スマートマスター試験対策講座として、ご依頼のあったお客さま先に出向き直接授業をいたします。授業、問題練習・模擬試験など、対応が可能です。