ブロアとエアーダスターについて フォトマスター検定

ブロアとエアーダスターについて フォトマスター検定


カメラのお手入れには欠かせないブロア。

息を吹きかけて、レンズに付いたホコリを飛ばそうとする人が多いのではないでしょうか。私は、自宅にエアーダスターがたくさんあった(IT業界にいたときによく使っていた)ので、カメラに使っていたこともありますが、あまりよくありません。

息を吹きかけると、唾液が飛びますし、湿気も増えます。エアーダスターも、カメラやレンズの外装にはいいですが、デリケートな部分には使わない方がいいです。パワーが強すぎて、カメラ内部にあるホコリが奥に入ってしまったり、センサーなど、勢いで傷つけたりしてしまいます。ガス式(ガス式でないのもある)ではセンサーが一瞬だけ凍結してしまったりします。

カメラはデリケートです。

私は、ブロアのLサイズと、旅行などで持ち運ぶように少し小さなブロアを使い分けています。

もし、ブロアを持っていない人は、購入してくださいね。

ブロア:
カメラレンズやカメラのボディを、ほこりやちり、汚れから守るもの。空気を噴き出す。

エアーダスター:
カメラやレンズの外装部分などのゴミやホコリを、スプレー噴射で除去するもの

フォトマスター検定合格講座

さらに詳しく「フォトマスター検定」について学んでみたい人のために、e-ラーニング講座を用意しています。ぜひ、ご活用ください!!