【動画用語集】多灯分散照明 家電製品アドバイザー 生活家電

【動画用語集】多灯分散照明 家電製品アドバイザー 生活家電


◎多灯分散照明


<用語説明>
適時適照:
「必要なところに必要なあかりを」という考え方。光効果を最大にする場所へ配灯することが、無駄を省き、光エネルギーを節約することにつながる。多灯分散照明、建築化照明がある。

多灯分散照明:
ダウンライトやペンダントライト、スタンドなど、低ワット数のさまざまな照明器具を室内に分散させて配置する照明方式。食事や読書、ホームシアターなど、生活シーンに合わせて照明の組み合わせを自由に変えることができ、暮らしに最適な光環境を作ることができる。従来型の「一室一灯照明方式」から、生活シーンに合わせた照明演出ができる「多灯分散照明方式」へ。

建築化照明:
建築物の一部として天井や壁などに照明器具を組込み、あたかも建築部材そのものが照明装置であるかのように見せる方法。

あなたの街へ出張授業

家電製品アドバイザー試験・スマートマスター試験対策講座として、ご依頼のあったお客さま先に出向き直接授業をいたします。授業、問題練習・模擬試験など、対応が可能です。