【動画用語集】AURO 3D 家電製品アドバイザー AV情報

【動画用語集】AURO 3D 家電製品アドバイザー AV情報


◎AURO 3D


<用語説明>
Auro-3D:
あらかじめ定められた3次元のスピーカー配置(チャンネル)に合わせて作り込まれた音声を再生する、チャンネルベースのサラウンド方式を採用。

チャンネルベース方式:
各チャンネルの音をあらかじめ録音し、再生する方式。

オブジェクトベース方式:
ドルビーアトモスの録音・再生に、採用されている方式。音に加え、位置情報などのデータも加えて記録することができる。
録音時に、人の声、動物、乗り物の音などを、ひとつのオブジェクトとして捉え、音量の変化、動く方向をデータとして記録している。再生時は、これらの記録したデータを基に、AVアンプ側で最適な状態になるよう調整している。

家電アドバイザー最短合格講座・問題集

さらに詳しく「家電製品アドバイザー試験」について学んでみたい人のために、e-ラーニング講座と問題集(基礎・応用)を用意しています。ぜひ、ご活用ください!!