ネットワークカメラ(IPカメラ)の型 家電製品アドバイザー AV情報

ネットワークカメラ(IPカメラ)の型 家電製品アドバイザー AV情報

ネットワークカメラ(IPカメラ)とは、撮影した映像を、コンピュータネットワークを通じて配信することのできるビデオカメラのことです。いくつかの型があります。
 

固定型(画像は下記)

固定されたカメラで、見た目にも目立つため、防犯の抑制にもなる。

 

固定ドーム型(画像は下記)

ドーム型ケーシングに格納されたコンパクトなカメラ。目立たないように取り付けることができる。カメラの向きを変えたり、フォーカスをぼかしたり、衝撃から保護することができ、カメラが撮影する向きも隠すことができる。

 

PTZ型(パンチルドズーム型)(画像は下記)

PTZとはパン・チルト・ズームの略で、各機能の頭文字をとった名称。
Pan(パン)・・・カメラのレンズの向きを左右(水平方向)に動かすこと。
Tilt(チルト)・・・カメラのレンズの向きを上下(垂直方向)に動かすこと。
Zoom(ズーム)・・・ズームイン(望遠)・ズームアウト(広角)にすること。
価格は、通常のカメラよりも高額になる。

家電アドバイザー最短合格講座・問題集

さらに詳しく「家電製品アドバイザー試験」について学んでみたい人のために、e-ラーニング講座と問題集(基礎・応用)を用意しています。ぜひ、ご活用ください!!