【動画用語集】技適マーク 家電製品アドバイザー CS法規

技適マーク 家電製品アドバイザー CS法規


◎技適マーク


<用語説明>
技適マーク:
「技術基準適合証明」と「技術基準適合認定」のいずれかあるいは両者の認証がなされていることを表示するマークのこと。総務省が定めている。端末のパッケージや本体のバッテリー取り付け部分、設定メニューからディスプレイ上に表示して確認することができる。外国人が国内に持ち込むWi-Fi端末は、技適マークがなくても、米国FCC認証、欧州CEマークを取得している場合は、90日以内の使用が可能。
電波法令で定めている技術基準に適合している無線機であることを証明するマーク。

米国FCC認証:
アメリカ連邦通信委員会(FCC)が定めた、情報処理機器が他の通信機器に悪影響を及ぼす電波(ノイズ)に関する規格のこと。

欧州CEマーク:
ヨーロッパにおける工業製品の安全規格で、安全性とノイズの両方を規定している。

あなたの街へ出張授業

家電製品アドバイザー試験・スマートマスター試験対策講座として、ご依頼のあったお客さま先に出向き直接授業をいたします。授業、問題練習・模擬試験など、対応が可能です。