5GのNSA(Non-StandAlone)とSA (StandAlone)の違い AV情報家電 家電製品アドバイザー

NSA(Non-StandAlone)とSA (StandAlone)


5G(第5世代移動通信システム)のシステム構成についてです。

NSA(Non-StandAlone)とは、スマホ登録に使用される制御信号などを4G基地局と4Gコアネットワークを使用して通信し、データを5G基地局と4Gコアネットワークを使用して通信する方式です。4Gで使用されているものをそのまま流用できるため、通信事業者にとって導入障壁が低いです。4Gのコアネットワークと5Gの基地局を組み合わせたシステム構成です。

SA (StandAlone)とは、スマホ登録に使用される制御信号などを、データの両方と5G基地局と5Gコアネットワークで通信する方式です。コアネットワークを含め5Gの新技術により構成されたもので、4Gのコアネットワークを利用せずに単独で機能します。スタンドアローン(単独)という意味です。

最初は、NSA(Non-StandAlone)を使用し、その後、SA (StandAlone)に変わっていくと思われます。
 

フォトマスター検定合格講座

さらに詳しく「フォトマスター検定」について学んでみたい人のために、e-ラーニング講座を用意しています。ぜひ、ご活用ください!!