省エネ基準適合認定マーク(eマーク)とBELS(ベルス) スマートマスター

省エネ基準適合認定マーク(eマーク)とBELS(ベルス)


住宅の省エネに関する表示である「BELS」は、新築・既存の別を問わず、すべての建築物に適用されます。一方、「eマーク」は、既存住宅や既存建築物の改修時に適用されます。

<用語集>
省エネ基準適合認定マーク(eマーク):

現在建っている建築物が、建築物エネルギー消費性能基準(省エネ基準)に適合することを証する認定マーク。既存住宅の改修時に適用される。eマークの表示内容は基準適合のみ。基準以上の省エネ性能や、具体的な性能を訴求したい場合は、BELSなどを利用する必要がある。

BELS(ベルス):
同じ計算法に則って一次エネルギー消費量を算定する、建築物省エネルギー性能表示制度(Building-Housing Energy-efficiency Labeling System)。省エネ性能に応じて5段階の★表示される。新築・既存の建築物において、省エネ性能を第三者評価機関が評価し認定する制度のこと。
 

あなたの街へ出張授業

家電製品アドバイザー試験・スマートマスター試験対策講座として、ご依頼のあったお客さま先に出向き直接授業をいたします。授業、問題練習・模擬試験など、対応が可能です。