電力システム改革 第3段階(小売料金の自由化) スマートマスター

電力システム改革 第3段階


電力システム改革とは、「電力の安定供給の確保」「電気料金の最大限の抑制」「電気利用の選択肢や企業の事業機会の拡大」の3つが目的です。

電力システム改革 第3段階によって、電力会社の送配電部門を別の会社に分離して公平に利用できるようにし、小売電気料金の規制が撤廃され、小売料金が自由化されました。

第1段階は、地域を越えて電力を融通しやすくする(2015年4月)。
第2段階は、企業や一般家庭向けの電力小売りを全面自由化(2016年4月)
第3段階は、電力会社の送配電部門を別の会社に分離して公平に利用できるようにする。小売電気料金の規制が原則撤廃された。小売料金の自由化。(2020年4月)

これにより、一般送配電事業者である
北海道電力ネットワーク株式会社、東北電力ネットワーク株式会社、東京電力パワーグリッド株式会社、中部電力パワーグリッド株式会社、北陸電力送配電株式会社、関西電力送配電株式会社、中国電力ネットワーク株式会社、四国電力送配電株式会社、九州電力送配電株式会社などの会社が設立された。
 

あなたの街へ出張授業

家電製品アドバイザー試験・スマートマスター試験対策講座として、ご依頼のあったお客さま先に出向き直接授業をいたします。授業、問題練習・模擬試験など、対応が可能です。