BS4K8K、CS4K放送について 家電アドバイザー・スマートマスター

BS4K8K、CS4K放送について 家電製品アドバイザー合格講座


2018年12月1日から、BS4K8K、CS4K放送が始まりました。

ちなみに、地上デジタルの4K放送ではありません。
→さらっと問題に出題されていることが多いです。

これから、BS4K8Kなどのチューナーが搭載されたテレビが、どんどん発売されています。しばらくすると、受信用アンテナも下記に説明するように、右左旋共用アンテナが主流になることでしょう。

今までの、BSデジタル放送、110度CSデジタル放送は、「右旋円偏波」を使用していましたが、BS4K8K放送、CS4K放送は下記のようになります。

BS4K放送(公共・無料)チャンネル
右旋円偏波を使用。
番組は、BS朝日4K、BSTBS4K、BSフジ4K、BS日テレ4K、BSジャパン4K、NHKBS4Kがあり、今までのBSデジタル放送、110度CSデジタル放送の受信機で受信ができます。

BS4K放送、BS8K放送(有料・通販)チャンネル
左旋円偏波を使用。
番組は、WOWOW4K、ショップチャンネル4K、QVC4Kなどと、NHKBS8K放送です。
従来の受信機は使用できないので、右左旋共用アンテナが必要となります。別途、受信アンテナに加え、分配器やブースターなども交換が必要になる場合があります。

CS4K放送(有料)スカパー4Kチャンネル
左旋円偏波を使用。

BS4K8K、CS4K放送の映像符号化方式には、「MPEG-H HEVC/H.265」が使われています。地上デジタル放送やBSデジタル放送では、「MPEG2」でしたので違いがあります。最近は、あまり聞かない言葉ですが、ワンセグの映像は、「MPEG-4 AVC/H.264」で圧縮されています。

ちなみに、124度/128度CSデジタル放送、124度/128度CS 4K放送は、「直線偏波」を使用しています。

混乱しないように、整理しておいてください。

 
◎用語解説
MPEG-H HEVC/H.265:
MPEG-4 AVC/H.264後続の動画圧縮規格の一つ。圧縮率が、MPEG2の4倍、MPEG-4 AVC/H.264の2倍。BS4K、8K、110度CS4K、124度/128度CS 4K放送の映像符号化方式。

MPEG2:
地上デジタル放送やBSデジタル放送で用いられている映像符号化方式である。動画データは、映像データと音声データに分かれており、MPEG-2 にある映像データはMPEG2 Video、音声データが、MPEG-2 AACである。

家電アドバイザー最短合格講座・問題集

さらに詳しく「家電製品アドバイザー試験」について学んでみたい人のために、e-ラーニング講座と問題集(基礎・応用)を用意しています。ぜひ、ご活用ください!!