今流行の言葉、「ルンバブル」とは!ロボットクリーナー

今流行の言葉、「ルンバブル」とは!ロボットクリーナー


今流行の「ルンバブル」という言葉をご存じでしょうか?

ルンバブルとは、、
ルンバが部屋を掃除しやすいように、家具の配置を変えたりして部屋の環境を整えてあげることです。

部屋の掃除は、自分で掃除することより、ロボット掃除機であるルンバを使用して、自動で掃除させることが流行っています。ルンバなどで、自動で掃除させておけば、その間に、洗濯物を干したり、料理をすることができます。

会社であれば、誰も人がいなくなった朝や夜に、掃除をすることができます。自分たちで掃除をする手間が省けますし、掃除の業者を雇わなくてもいいです。

ただ、ルンバは、障害物が多いと、あまり意味をなしません。掃除をする場所が限られてしまいますから。ロボット掃除機が掃除をしやすくするためには、机やイスなどの障害物を減らしてあげる必要があります。

今では、ルンバを使用するために、あえて、インテリアとして部屋のプランを考えたり、ルンバ対応の家を作ったり、ルンバ対応の家具を買ったりというようにまで進化してきています。

例えば、
・部屋に段差を作らない
・ルンバが下を通り抜けできる家具を買う(高さ10cm以上)
・ルンバのための電源配置をする
・下に物を置かないように置き場所を作る
・コード、ケーブル類をまとめる

このように、ロボット掃除機であるルンバを意識した生活に変わってきているんですね。

時代は変わりました。

ロボット掃除機には、2種類あります。値段は高いですが、マッピング型をオススメします。

○ランダム型ロボットクリーナー(自由走行型、ランダムナビゲーション型)
あらかじめ設定された数種類の走行パターンを繰り返しながら、障害物に衝突したら進行方向を変えて移動する方式。超音波センサーで障害物を感知したり、赤外線センサーで階段落下を回避できるものもある。掃除をしない場所や、何度も同じ場所を通ることが出てくる。大きな部屋には向いていない。

○マッピング型ロボットクリーナー(システムナビゲーション型)
室内を移動しながらセンサー、レーザーやカメラで家具や部屋の状況について情報収集を行い、得られた情報を人工知能プログラムで分析して最適な移動パターンを決定する方式。効率よく短時間で終わる。値段は、高価となる。

e-ラーニング講座・問題集

さらに詳しく「家電製品アドバイザー試験」について学んでみたい人のために、e-ラーニング講座と問題集(基礎・応用)を用意しています。ぜひ、ご活用ください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です