ジューサーとミキサーの違い 家電製品アドバイザー合格講座

ジューサーとミキサーの違い 家電製品アドバイザー合格講座


ジューサーとミキサーの違いは、分かりますでしょうか?

中年~年配の方でしたら、果物と牛乳を入れてジュースにして飲んでいたことがあると思います。このときに使用する家電は、ミキサーです。

最近は、ジューサーという、果物の繊維を壊さずに、ジュースが飲める便利な家電が登場しました。見た目もオシャレですし。ただ、一般的な家庭で、ジューサーを自宅に持っている方は、あまり聞きませんね。ちなみに、ジューサーには、高速ジューサーと低速ジューサーの2種類があります。

この違いは、毎回、家電製品アドバイザー試験で出ています。

ジューサー:
繊維を分離し水分を絞り出すため、口当たりのいい、サラリとしたジュースが楽しめるもの。「高速ジューサー」と「低速(スロー)ジューサー」の2種類がある。

高速ジューサー:
高速で刃を回転させるため、短時間でジュースが作れるが、食材の栄養素が壊れやすい。

低速(スロー)ジューサー:
時間をかけながら、ゆっくりと食材をすり潰してジュースにするもの。摩擦による熱も発生しにくく、熱に弱い酵素も壊されることないが、高価なものが多い。

ミキサー:
野菜や果物などを細かく切って撹拌し、牛乳などを入れてジュースを作るのに適している。