高齢化社会におけるCS 家電アドバイザー・スマートマスター

高齢化社会におけるCS 家電製品アドバイザー試験


日本は、超高齢化社会です。そのため、高齢者向けの市場は、大きなマーケットなのです。家電やITに弱いからと、除外するのではなく、高齢者に寄り添ったサービスを展開する必要があります。

高齢化率(65歳以上の割合)が
7%を超えると「高齢化社会」
14%を超えると「高齢社会」
21%を超えると「超高齢社会」

2017年版高齢社会白書によると、
高齢化率は27.3%
高齢化世帯は、47.1%

なのです。

街を出歩くと、数年前、数十年前に比べ、高齢者や外国人の数が、ものすごく増えた気がします。

アクティブシニアを大切にしなければなりません。

アクティブシニア:
自分なりの価値観をもち、 定年退職後にも、趣味やさまざまな活動に意欲的なシニア層。

家電アドバイザー試験で大切なのが、「バリアフリー」と「ユニバーサルデザイン」です。この2つの違いが、毎回出題されています。

この2つでは、元々のコンセプトが違いがあります。
「バリアフリー」は高齢者や障害者を対象にしているのに対し、「ユニバーサルデザイン」は多くの人に使いやすいデザインを提供しているため、対象者はすべての人です。

ユニバーサルデザイン:
高齢者や障害者だけではなく、文化・言語・国籍の違い、性別や能力のいかんを問わずに利用することができるように目指した施設・製品・情報などの設計のこと。多くの人に使いやすいデザイン手法。

バリアフリー:
高齢者や障害者が社会生活を送るうえで、障壁となるものを取り除くこと。高齢者、障害者の使いやすい街。

高齢者の気持ちになって考えることができれば、この項目で得点しやすくなります。

スマートマスター最短合格講座

さらに詳しく「スマートマスター試験」について学んでみたい人のために、e-ラーニング講座を用意しています。ぜひ、ご活用ください!!