TTL(Through the lens)測光とは フォトマスター検定

TTL(Through the lens)測光とは フォトマスター検定


現代のカメラは、TTL(Through the lens)測光といって、被写体で反射し、レンズを通して入ってきた光の量を内部のセンサーで測定して、適切な露出を決定しています。

内臓ストロボ、外付けストロボを使うときも同じです。

例えば、
プログラムモードであれば、絞り値とシャッタースピードをカメラ側が決定します。
絞り優先モードであれば、シャッタースピードをカメラ側が決定します。
シャッター優先モードであれば、絞り値をカメラ側が決定します。

設定によって、ISO感度も合せてカメラ側が設定します。

これが、TTL(Through the lens)測光です。

 
<用語集>
TTL測光:

レンズを通った光量を内部の測光センサーで測定して、適正な露光を決定する方式。

TTL:
Through the lens

測光:
被写体の明るさを測ること

露出:
写真を撮るときに取り込まれる光の量のこと。光の量は絞りとシャッター速度で決まる。これに、ISO感度を組み合わせて写真の明るさが決まる。

フォトマスター検定合格講座

さらに詳しく「フォトマスター検定」について学んでみたい人のために、e-ラーニング講座を用意しています。ぜひ、ご活用ください!!