タブレットについて 家電製品アドバイザー試験

タブレットについて 家電製品アドバイザー試験


スマホの画面も大きくなり、タブレットとスマホを2台持つ人は減りましたが、タブレットは、プレゼン資料を見せるときや、学習教材などで使用されるようになってきました。

私も以前は、iPhoneとiPadの2つを持ち歩いていましたが、モバイルパソコンが進化したことにより、iPhoneとモバイルパソコンがメインになりました。パソコンの通信は、iPhoneのデザリング機能を使用しています。カフェやホテルにもWi-Fiは完備されていますので、通信にはあまり困らなくなりました。

タブレットとは、7~13インチ程度のタッチパネル式のディスプレイと通信機能を備えた平板状の携帯可能な通信機器のことを指します。

使用している人には分かりますが、インターネットに接続するのは、Wi-Fiだけではありません。
スマホと同じ回線を使う、3G・4G・LTEで通信できる機能を持ったものがあります。こちらは、月額料金がかかります。

・Wi-Fi専用
・3G・4G・LTEモデル(Wi-Fiも使用できる)

の2つがあることになります。

試験で、よく出てきます。引っかけ問題として。

OSは、AppleのiPadはiOSを使用していますが、他には、Androidを使用したモデル、Windows10を使用したモデルがあります。

OSは、iOSとAndroidだけではありません。
ここもよく試験に出てきます。

e-ラーニング講座・問題集

さらに詳しく「家電製品アドバイザー試験」について学んでみたい人のために、e-ラーニング講座と問題集(基礎・応用)を用意しています。ぜひ、ご活用ください!!