像面位相差オートフォーカスなど 家電アドバイザー合格講座

像面位相差オートフォーカスなど 家電アドバイザー合格講座


デジタルカメラには、いろいろなオートフォーカス(AF)方式があります。

コンパクトデジタルカメラのオートフォーカスは、レンズが動いてピント合わせが遅かったですよね(あまり使っている人がいないから、過去形で)。これが、「コントラストオートフォーカス(AF)」です。一部、ミラーレスで採用している機種もあります。

デジタル一眼レフカメラのピント合わせは、超高速ですが、基本、ファインダーを覗かないといけませんし、カメラのサイズは大きいです。ファインダーを覗いたときの測距点(フォーカスポイント)の数によって、ピント合わせのやりやすさが変わります。古いデジタル一眼レフカメラなどでは、測距点(フォーカスポイント)が9点しかなくピント合わせに苦労しました。
今では、測距点(フォーカスポイント)が50点以上に増え、だいぶ楽になりましたね。高級デジタル一眼レフカメラでは、測距点(フォーカスポイント)が100点以上あります。これが、「位相差オートフォーカス(AF)」です。

カメラで時代を大きく変えたのは、ミラーレス一眼レフカメラとスマートフォンです。ミラーレスは、小型にして性能を良くするために、カメラの最新技術がかなり投入されました。スマートフォンでの写真撮影が当たり前となった今、スマホに採用されている技術は、見逃せません。そこで、採用されたオートフォーカスが、「像面位相差オートフォーカス(AF)」です。

ミラーレス一眼は、当初はファインダーがなく、液晶画面を見ながらピント合わせをしていました。そもそもミラーがありませんから。今は、電子式のファインダーを搭載している機種と、搭載していない機種の2つがありあます。ミラーレス一眼は、液晶画面を見ながら撮影することも多いですし、スマートフォンは画面をみながら撮影をします。今までのコンパクトデジタルカメラと、デジタル一眼レフカメラのいいとこ取りのオートフォーカスなのです。

新しいスマートフォンには、「レーザーオートフォーカス」を採用しており、暗所でもオートフォーカス性能が落ちないようにしています。

最新の高級ミラーレス一眼には、像面位相差AFと高精度なコントラストAFを搭載した、「ハイブリッドオートフォーカス(AF)」を搭載した製品が発売されています。

あっという間に、進化していく分野ですね。

<用語集です>
コントラストオートフォーカス(コントラストAF):
画像データをコンピュータが解析して、最もピントが合っている箇所を、レンズを動かしながら探す方式。イメージセンサーが測距用のAFセンサーを兼ねており、カメラ本体の小型化に向いている。コンパクトカメラやミラーレス一眼などに採用されている。ピントが合うまでに時間がかかるが、フォーカスポイントを必要とせず、画面上の任意の場所でピントを合わすことができる。

位相差オートフォーカス(位相差AF):
レンズを通った画像のズレ幅を計算する方式。素早く、しかも正確にピントを合わすことができる。イメージセンサーに加え、測距用のセンサーを必要とするため、カメラ本体の小型化が難しい。デジタル一眼などに採用されている。測距点(フォーカスポイント)でピントを合わせる。

像面位相差オートフォーカス(撮影面位相差AF):
一部のミラーレスカメラやスマートフォンなどで使用されている方式。位相差AFセンサーではなく、像面で位相差AFを行う。位相差検出方式とコントラスト検出方式を持ち合わせたAF方式。

ハイブリッドオートフォーカス:
「コントラストオートフォーカス」と「像面位相差オートフォーカス」を組み合わせたもの。高級ミラーレス一眼で採用。

レーザーオートフォーカス:
撮影したい物体に、レーザー光線を当て、その反射の状況を検知して対象までの距離を測り、写真のピントを合わせる方式。暗い場所でも、ピント合わせの精度が低下しない。新しいスマートフォンに採用されている。

フォトマスター検定合格講座

さらに詳しく「フォトマスター検定」について学んでみたい人のために、e-ラーニング講座を用意しています。ぜひ、ご活用ください!!