お客様に対する言葉づかいについて(尊敬語と謙譲語) 家電製品アドバイザー CS法規

お客様に対する言葉づかいについて(尊敬語と謙譲語) 家電製品アドバイザー CS法規


お客様に対する言葉づかいでポイントとなるのが、尊敬語と謙譲語です。このページでは、尊敬語と謙譲語について説明していきます。

尊敬語とは、相手やその人物の物、動作、状態など、位置づけを高めて表現するときの敬語のことで、相手が主体になります。例えば、目上の人、上司やお客様には尊敬語を使うことになります。

イメージとしては、自分の位置はそのままに、相手を壇上に上げる感じです。(伝わるかな・・)

謙譲語とは、自分の動作や状態をへりくだって表現することで、間接的に相手を敬う敬語のことで、自分が主体となります。身内には謙譲語を使います。

イメージとしては、相手の位置はそのままに、自分が勝手に下がる感じです。(伝わるかな・・)

ということは、

「行く」という言葉は、
尊敬語では、「いらっしゃる」「おいでになる」と表現します。相手を高めます。主体が相手になっているのです。

謙譲語では、「参る」「伺う」と表現します。自分がへりくだります。主体が自分になっています。

これが理解できたら、あとは何となくイメージできるようになります。

「見る」という言葉は、
尊敬語では、相手を主体にし、相手を高めるので、「ご覧になる」となります。逆に、謙譲語では、自分がへりくだり、自分が主体となるので、「拝見する」となります。

試験には、尊敬語と謙譲語が逆になって出てきたりしますが、「自分、相手のどちらが主体か?」「高めているのか、へりくだっているのか?」をよく考えると、どちらが尊敬語で、どちらが謙譲語かが分かるようになります。

社会人生活を送っている方でしたら、職場での上司への対応、お客様への対応を思い出してください。

あとは、覚えるしかないですかね。

「行く」の尊敬語:
いらっしゃる、おいでになる

「来る」の尊敬語:
お越しになる

「聞く」の尊敬語:
お聞きになる

「見る」の尊敬語:
ご覧になる

「与える」の尊敬語:
くださる、賜る

「言う」の尊敬語:
おっしゃる

「行く」の謙譲語:
参る、伺う

「与える」の謙譲語:
差し上げる、進呈する

「見る」の謙譲語:
拝見する

「来る」の謙譲語:
伺う、参ります

「聞く」の謙譲語:
伺う、拝聴する

「言う」の謙譲語:
申し上げる

「食べる」の謙譲語:
いただく

スマートマスター最短合格講座

さらに詳しく「スマートマスター試験」について学んでみたい人のために、e-ラーニング講座を用意しています。ぜひ、ご活用ください!!