フォトマスター検定 第17回(2019年度)の合格率が発表!

フォトマスター検定 第17回(2019年度)の合格率が発表!



第17回(2019年度)
3級83.41%
2級72.68%
準1級49.12%
1級50.10%

3級、2級はいつも通り、準1級が若干合格率UP、1級が大幅合格率UPとなりました。さすがに、1級の合格率が高すぎるので、次回は難しくなるだろうと予測できます。

今回から、市場の動向に合わせて、ミラーレスに関する出題が増え、問題の傾向が大きく変わりました。特に、準1級と1級は、レンズの収差など難しい問題というよりは、ミラーレス、像面位相差オートフォーカス、リチウムイオン電池、SDカードなど、家電に近くなった印象です。

そのため、問題が解きやすかったのではないかと思われます。

やはり、次回は厳しくなるなー。

フォトマスター検定合格講座

さらに詳しく「フォトマスター検定」について学んでみたい人のために、e-ラーニング講座を用意しています。ぜひ、ご活用ください!!