【動画用語集】景品表示法 家電製品アドバイザー CS法規

【動画用語集】景品表示法 家電製品アドバイザー CS法規


◎景品表示法

<用語説明>
景品表示法:
不当景品類及び不当表示防止法のこと。過大な景品付き販売や誇大広告、不正表示などで消費者を惑わす販売行為を防止するための法律。「不当な表示の禁止」「過大な景品類の提供の禁止」の2つが規制されている。不当表示には、有料誤認と有利誤認がある。

優良誤認(景品表示法):
誇大広告などで、「商品やサービスの内容」が、実際よりも優れていると消費者に誤解させること。

有利誤認(景品表示法):
「販売価格などの取引条件」を実際よりも著しく安くみせかけたり、著しく有利にみせかけたりすること。

フォトマスター検定合格講座

さらに詳しく「フォトマスター検定」について学んでみたい人のために、e-ラーニング講座を用意しています。ぜひ、ご活用ください!!