【動画用語集】省エネルギーラベル 家電製品アドバイザー CS法規

【動画用語集】省エネルギーラベル 家電製品アドバイザー CS法規


◎省エネルギーラベル


<用語説明>
省エネルギーラベリング制度:
家庭で使用される製品を中心に、省エネ法で定めた省エネ性能の向上を促すための目標基準(トップランナー基準)を達成しているかどうかを製造事業者等が達成率(%)を、ラベル(「省エネルギーラベル」)に表示するもの。製品を選ぶ際の省エネ性能の比較等に役立つ。省エネ性マーク、省エネルギー基準達成率、エネルギー消費効率、目標年度の4つの情報を示している。

省エネルギーラベル:
省エネ法で定められた製品個々の省エネ性能が目標基準を達成しているかを表すもの。「省エネ性マーク」「省エネ基準達成率」「エネルギー消費効率」「目標年度」の4つの情報を表示。カタログや製品本体、包装など、見やすいところに表示される。トップランナー基準を達成した(省エネ基準達成率100%以上)製品にはグリーンのマークを表示し、未達成(100%未満)の製品にはオレンジのマークを表示する。グリーンのマークが省エネ性の優れた製品を選ぶときの目安となる。

省エネルギーラベリング制度対象機器:
トップランナー基準の対象となった機器のうち、特に一般消費者の利用が多い家庭用機器を中心に、エアコン、テレビ、電気冷蔵庫、DVDレコーダー、ジャー炊飯器、電子レンジ、照明器具、電気便座など、21製品が対象となっている。

家電アドバイザー最短合格講座・問題集

さらに詳しく「家電製品アドバイザー試験」について学んでみたい人のために、e-ラーニング講座と問題集(基礎・応用)を用意しています。ぜひ、ご活用ください!!