【動画用語集2】キャッシュメモリ AV情報家電 家電製品アドバイザー

キャッシュメモリとは AV情報家電 家電製品アドバイザー


◎キャッシュメモリとは


パソコンのキャッシュメモリについて

キャッシュメモリ:
コンピュータの処理速度をあげる目的で、CPU(中央処理装置)とメインメモリー(主記憶装置)の間に取り付けられる小型のメモリー(記憶装置)のこと。CPU内に設置されていることが多い。CPUに近い順から、1次キャッシュ、2次キャッシュ、3次キャッシュとなる。1次キャッシュが最も高速。いずれも、メインメモリより高速である。
キャッシュメモリに、使用頻度の高いデータを蓄積しておくことで、低速なメインメモリ(主記憶装置)へのアクセスを減らすことができ、処理を高速化することができる。

家電製品アドバイザー 最短合格eラーニング講座!
https://digital-kaden.net/kadenadv/elearning/

IoTやIoT家電に関する講演など

IoTの仕組み、IoT家電(見守り家電など)、時短家電(ロボット掃除機など)に関する講演を行っております。ぜひ、ご用命ください。