家電製品アドバイザー試験 勉強方法について(動画)

家電製品アドバイザー試験 勉強方法について(動画)

家電製品総合アドバイザーである大岩俊之が、家電製品アドバイザー試験の効率の良い勉強方法をお伝えします。



私が失敗したこと → 勉強方法

1,資格更新しなかったこと
2,再受験で不合格 →合格
3,問題を覚えすぎて勘違い
4,試験勉強の方法

 
【再受験】
テレビ出演、e-ラーニング講座の依頼が増えたため、家電製品アドバイザー試験に再挑戦。
難易度が数倍上がっており、不合格。その後、合格。

【問題の出題方式】
図での出題 → 文章での出題
穴埋め式 → 正誤問題
正誤問題 → 4 or 5択問題

【家電アドバイザー試験の勉強方法】
・過去問を解く(前回は必須)
12月初旬 NHK出版
6月初旬 リックテレコム
で問題集が発売される。

・とにかく問題を解く 
私が講師を務める、最短合格「e-ラーニング講座」にも問題を掲載。他にはない、オリジナル問題集も別途販売しています。1科目300問前後用意。→自分の勘違いに気づくことができるのでオススメ。

スマートマスター最短合格講座

さらに詳しく「スマートマスター試験」について学んでみたい人のために、e-ラーニング講座を用意しています。ぜひ、ご活用ください!!