【過去問ダイジェスト】家電製品アドバイザー試験 過去問2019.3 AV情報家電

家電製品アドバイザー試験 過去問2019.3 AV情報家電


◎家電製品アドバイザー試験 過去問2019.3 AV情報家電


問題1:
BSデジタル放送の4K放送では、映像符号化方式として、MPEG-H HEVC/H.265(HEVC)が採用されている。この方式は、MPEG4 AVC/H.264と同じ圧縮率であるが伝送速度が高速で、より高画質のため、BSデジタル放送の8K放送にも用いられている。

チェックポイント:
MPEG4 AVC/H.264と同じ圧縮率である
 
問題2:
無線LANの規格であるIEEE802.11acは、通信に2.4GHzと5GHzの周波数帯を使用し、規格上の最大転送速度は、約6.93Gbpsである。IEEE802.11acの規格では、通信の高速化のため、無線通信のストリーム数を最大で8ストリーム、チャンネル帯域幅を最大で160MHzとしている。

チェックポイント:
IEEE802.11acは、通信に2.4GHzと5GHzの周波数帯を使用

あなたの街へ出張授業

家電製品アドバイザー試験・スマートマスター試験対策講座として、ご依頼のあったお客さま先に出向き直接授業をいたします。授業、問題練習・模擬試験など、対応が可能です。